通年性アレルギー性鼻炎の薬|アレルギー性鼻炎や花粉症、アトピーの対策商品研究所


100%オーガニック緑茶!
漢方で田七人参を配合!
免疫を正常にサポートする成分が豊富
8億個の豊富な乳酸菌パワー
腸内環境スッキリ乳酸菌サプリメント
アレルギー対策で話題の甜茶!
味がスッキリ!煮出しタイプの甜茶

通年性アレルギー性鼻炎の薬

 通年性のアレルギー性鼻炎や花粉症などで悩んでいる人はたくさんいます。熱などがあるわけではないので、たかがアレルギーと軽く見られがちですが、本人にとってはとっても辛い症状なので憂鬱な毎日を送っている人も少なくないでしょう。

 現在の通年性アレルギー性鼻炎の治療法としてはとしては薬物療法が最も一般的な治療法になります。使用される薬は大きく分けて、抗アレルギー剤とステロイド剤があります。アレルギーを抑える働きをもつ抗アレルギー剤には、その働きのよって抗ヒスタミン薬・抗ロイトコリエン薬・ケミカルメディエーター遊離抑制薬・Th2サイトカイン阻害薬などにわけられます。

 中でもアレルギーのくしゃみ・鼻水・かゆみなどの直接的な原因となるヒスタミンの作用を抑えるのが抗ヒスタミン薬です。抗ヒスタミン薬は第一世代と第二世代にわけられ、第一世代は眠気が出る・口が乾くなどの副作用も強いのが特徴です。アレルギーの薬は眠くなるというイメージがあるのはこの第一世代の抗ヒスタミン薬の事です。しかし現在主流となっている第二世代の抗ヒスタミン薬は眠気などの副作用も軽減されています。

 アレルギー性鼻炎の3大症状の一つ鼻づまりがひどい症状の場合は、抗ロイトコリエンなどが有効です。3大症状すべて出ている症状の重い人の場合は、抗ヒスタミン薬・抗ロイトコリエン薬の併用も行われます。またステロイドの点鼻薬などを炎症を鎮めるのに使用する場合もあります。

通年性アレルギー性鼻炎早めの治療が効果的

 通年性のアレルギー性鼻炎の場合はいつ症状がでるかわからないといった不安もあると思います。花粉症もそうですが、アレルギー性鼻炎の治療として症状が出る前から事前に薬を服用する事によって症状を軽くする事ができると言う事がわかっています。

 症状が出ていない時に耳鼻科を受診して事前投薬を受けておくとよいでしょう。症状がないとつい薬を飲むのも忘れがちになってしまいますが、忘れないように意識して毎日抗アレルギー剤を服用する事で症状の緩和をはかりましょう。

通年性アレルギー性鼻炎の方におすすめのお茶!免疫バランスをサポートするカテキンが豊富!さらに吸収力を上げる有機田七人参配合のお茶!満足度98%
通常価格 定期価格 送料 内容量 原料 形状
3,314円 1,980円 送料無料 1g×30包 有機緑茶
有機田七人参
粉末お茶タイプ

アレルギー対策商品研究所では、アレルギー性鼻炎や花粉症、アトピーに関する情報をお届けしています。

Copyright (C) 2014 アレルギー対策商品研究所 All Rights Reserved.